↓ユニカムになりたい人↓

※ブログ主、危険につき取扱い注意

制御不能 ~lost control~ 番外編1前編 【burst out】

「うわ、眩し。」

照りつける陽の明るさに思わず目を瞑ってしまった。

あ~あ、この先どうしよう・・・・・・。

政府から逃げちゃったし戻れないなぁ・・・・・・。

だいたい私はなんで追いかけられたんだろう。

とにかく、人を探そう。できたら親切な人がいいなぁ。

そんなことを思いながら目の前に優しい人がいることを微かに期待しつつ私は目を開けた。

と思ったけどやっぱりやめた。

だって半分ほど目を開けたところで変なのがいたんだもん。

「もしも~し?」

(変なのが喋ってるー)

やばいやばい。もうだめだ。変なのに絡まれた!私の人生は終わってしまう。こんなところで。

だって、だってあいつオオカミだもん!

ダメでしょ。オオカミの格好をした人だもん!変態だー!!!

「もしも~し?聞こえてますかー?」

私は必至で聞こえない見えないフリをして車に乗り込もうとした。

平常心、平常心。

そしてシートに腰掛ける。今日も素晴らしい座り心地だなぁ・・・・・・。

(なんかいるー)

さっきのオオカミじゃないか。車に乗り込んできた。どうすんのこれ。まずいよ。

「すみませんいきなり。私オオカミと申します。」

聞いてもいないのに自己紹介してきた。

「そんなこと見りゃわかるわボケェ!」

拳を込めて放つ一言。オオカミにクリーンヒット!!!

ヤバいよ。どう見ても変態だよ。頭おかしいこいつ。

「ちょっといきなりなんですか? ひどいじゃないですかー」

「いきなりなのはそっちの方だ!さっさと出ていけ!」

「まぁまぁ、話だけでも聞いてくださいよー」

いきなり殴ってしまったのは確かにひどいことだった。反省も込めて話だけは聞くことにした。

「君、いい車に乗ってるね!坂下るとこまで載せてほしいんだ!」

どう考えても坂下っただけじゃ帰らないだろ、こいつ。

しかし殴ってしまったのは悪いことなので謝罪の意味を込めて車を動かす。

 

ドロドロドロドロ

 

アメリカ製のV8エンジンが唸る。オオカミも唸る。

 

ウゥゥゥウゥゥゥウウゥウウ

 

オオカミはチラチラと数秒おきに私を見る。

正直、うるさい。うざい。というか、超怖いんですけど・・・・・・。

この状況で襲われたら抵抗のしようがないし、相手は着ぐるみだし。

どうやってこの状況から逃げ出そうか考えて進むこと2kmほどのことであった。

 

ボンッ

 

屋根から嫌な音が聞こえる。

 

ボンボン ボンボン

 

明らかにノックをしている音だ。

もうやだこいつら。フロントガラスに、ゴリラ。

「ウホッ♀いい女♀」

私は黙ってスロットルを全開にする。

タイヤは猛烈なスキール音を放つ。素晴らしい。

 

ウホウホウホウホ♀

 

ゴリラもスキール音を放つ。猛烈にうざい。

 

「ああああああああ何なんだよこいつら!さっさと降りろ!」

私はもう我慢できなくなっていた。元から短気だとは自覚してたんだけど、こんな状況になったら誰だってキレるに違いない。

 そう自分に言い聞かせて道を進む

心なしか目の前が暗くなったような?

 

「鷹です」

 

よく見ると窓から大きな鳥の姿が見えるんだよなぁ。

どう見てもこれも着ぐるみなんだけど・・・・・・。

もうやだこいつら。

 

後編へ続く

制御不能 ~lost control~ 3 【dog fight】

光の届くことのない薄暗いコンクリートの森の中。

唯一見える灯りといえばこの車照らすヘッドライトの灯りと遠くの方で見える偽りの日光のみである。

地図に沿って移動すること約1時間。

立体駐車場のようなものが見える。

この一帯は人が離れた世界。隔離された世界。荒れ果てたこの地にポツンと置かれた1つの灯り。その姿は彼女を照らす唯一の本物の、純粋な偽りのない光のようであった。

 

光が増える

 

身の毛がよだつ。全身の毛を逆立て彼女は振り返る。その光に思わず目が眩む。

上手く見えない。しかし、本能的に自分の身に降りかかる危機的状況を察知し、白き獣を従え逃走する姿は、さながら、狩人に狙われた猛獣のようで。

猛獣と狩人は人の手によって作られた立体駐車場という名のジャングルへ駆け込む。

 

獣に鞭を打ち走らせる。狩人はその獣を追い立てる。

 

なにがなんだかわからない。なぜ追われているのか。なぜ逃げているのか。

ただ、心を空に。体を限界まで使って逃げる。逃げる。逃げる。

だんだん目が慣れてくる。相手の形がゆっくりと、うっすらと、その灯りの影となって見え始める。

 

ーー政府の連中だ!ーー

 

これは大変なことになってしまった。彼女は何も悪いことをしていない。

しかし彼女は政府に追われてしまった。政府によって拿捕された人間のゆく末を知る人物はいない。

 

ーーなんで追われてるのかわからないけど、とにかく、逃げないと・・・・・・ーー

 

手にギュッと力がこもる。

走らせてから数100mのところである。もう追われることに慣れたのか、彼女は驚くほど冷静であった。

ジャングルに鳴り響く荒々しい獣の息吹と狩人の銃声。

幸いなことに狩人は1人しかいないようだ。

はたして、彼女はこの一騎打ちを制することができるのだろうか?

 

一瞬の瞬きも許されない。もし、瞬いてしまったら最後、狩人の罠にかかり仕留められてしまう。

瞬きをせずに視線を動かす。右へ、左へ、後ろへと。

 

ーーしまった!いない!--

 

政府の野郎が消えた。消えてしまった。追いきれないと判断した狩人は頭脳戦を仕掛けようというのである。

当然だ。碌に学校へ行ってこなかった彼女は馬鹿である。

先回りして一気に捕らえるつもりのようだ。

しかし、政府の考えた馬鹿、それは、あくまでも表面的なもの。我々凡人は、しばしば、馬鹿、いや、馬鹿故の発想に驚かされ、振り回されることがある。

 

それは、彼も例外ではない。

 

ーー獣の姿が消えたーー

 

暗く気味の悪いひび割れたコンクリートのジャングルの中、その獣は突如として姿を消した。

すぐに彼は獣の聲に囲まれる。音は大きく、小さくを繰り返す。

 

ーー獣の居場所が、つかめない! ーー

 

獣はすぐそばにいるのだが、その姿を発見することができない。

いつの間にか立場が完全に逆転する。

先ほどまで獣を追い詰めていた狩人は滑稽なまでに獣に翻弄されている。

 

ーー見失った。ーー

 

少し前までかすかに聞こえていた獣の足音も完全に消え失せた。

先回りしたにも関わらず、狩人は獣の姿を捉えることはできなかった。

 

彼女は逃げ切ったのである。その勝利を讃えるように、深い森の木漏れ日のような確かな灯が見える。

 

彼女は祝福されるように光に包まれた。

 

「うわ、眩し。」

 

それが、彼女の人生での初めての逃走。そして、闘争となったのだ。

制御不能 ~lost control~ 2 【slow in fast out】

初めてのこと、初めてのもの、初めての人・・・・・・。

どこに行ってもいつでも初めてというものは退屈しない。

金色に輝く髪と深緑に潤む瞳のコントラストが何とも言えない輝きを放つ彼女。「天野 咲蘭」にとっても、それは、決して例外ではなかった。

初めてというものは出会いと言い換えることができる。

彼女にとっての出会い。始まり。

 

堂々とたたずむ1台の車。白く、鋭く、それは優しく彼女を睨みつける肉食獣のようだ。

彼女のその愛らしい瞳は一瞬のこわばりを見せるものの、徐々にその獣の姿を大きくしていく。

 

タイヤのついた車

政府によって規制され、その姿は学校等で使われる教科書。または、図鑑や事典でしか目にすることがないのである。

幸か不幸か彼女はあまり学校で勉強していない。

 

ーーかっこいいなぁ・・・・・・。ーー

 

深い深い森の洞窟の中

碌な生き方をしてこなかった彼女の純粋な気持ちが近づく

それは光に吸い寄せられる虫けらのようだった・・・・・・

 

そもそもの話になるのだが、なぜ彼女は人気のない遠く離れた洞窟の中にいるのだろうか?

夢遊病という症状をご存知だろうか?彼女の寝相はヤバい。

数年に1度、彼女はその症状により外に出てしまうことがある。今回はかなり酷い方だ。彼女の人生史上最高かもしれない。

 

数十分、いや、数時間ほどだろうか。その間ずっとその車を眺めていたのである。

ちょうど一日のうちで最も明るくなる時間帯になるころだ。彼女は我々の知る「ドア」の存在に気付いたのである。

シートに軽く腰掛ける。この後どのようにして帰るつもりなのだろうか・・・・・・?

いや、帰る必要があるのだろうか。

彼女にとっての親や友、ご近所さんなどはすべて退屈な存在。どうでもいいのである。

帰るという選択肢など最初からないのである。

少ししてから助手席の足元に1つの冊子が置いてあることに気付く。

 

ーーむぅ・・・・・・読めないぞ、これ・・・・・・ーー

 

しかし、その問題はすぐに解決する。

 

ーー絵が載ってるーー

 

とりあえず絵に示された通りにしてみる。

一番左のペダルを踏み、真ん中のペダルも踏む。

幸いにも鍵が刺さってあったので、それを回す。

その獣は咆哮する。深く低く唸る。

 

ーーんーと、どれどれーー

 

それはいわゆるアクセル。踏めば音が大きく、そして高くなる。

彼女はたちまちその音の虜になった。

どんどんその冊子を読み進めていく。

ついにその獣が動き出す。まっすぐと前を見据え動き出す。

ここまでくればその他の操縦も感覚でわかる。

その冊子の最後のページに描かれた地図のようなもの。

はたして、この道なき道はどこに続いているのだろうか。

制御不能 ~lost control~ 1 【starting grid】

漫画だと1P下書きに3時間くらいかかるので、今忙しくて時間ないから話を忘れる前にメモ書き程度に文章にして残しときます・・・・・・・・・・・・・・・_(:3 」∠)_

少々反社会的な描写があるかと思いますので苦手な方はアクセルとブレーキを踏み間違えて帰ってください

 

 

 

 

ーーこの世界は退屈だ。起きて、支度して、学校へ行き、友と他愛もない話をし、帰る、寝る。

そりゃ友達と話してるときは少し楽しいと思う。でも、それだけ。ーー

 

この世界が退屈だという根本的な部分を変えることはできない。見上げればそこには天井が。まっすぐと前を向くとそこには壁が。見下ろせば自分の足が力弱く地面をつかんでいる・・・・・・。太陽がない。月がない。星も見えない。・・・・・・空がない。

ここは地下だ。人の力によって完全に制御された世界。一切の無駄と妥協は許されない。

 

ーーあぁ、いっそこんな世界消えてしまえばいいのにーー

 

人は本来地上で生活していた生き物である。しかし彼女には地上という概念はない。

彼女の言葉で表すことのできない不満は人の本能によるものである。政府によって完全に情報が統制されているため、ほとんどの人間は地上の存在を知らない。そして、地上の存在に気付く者も少ない。そもそもなぜ地下で生活するようになったのか説明しておこう。

 

遠い昔、2つの勢力による大きな争いが勃発。草木は枯れ、空は黒く、海の色まで変わってしまった。争いの規模は地下 深海 宇宙にまで発展していった。争いを続けていくうちに地上はとても生活できるような環境ではなくなった。争いが終わるころには世界の人口の1割も残っていなかった。深刻な大気汚染の影響である。

上流階級の人間は宇宙へ、それ以外は戦争時に掘られた地下網を使って生活するようになった。

 

これが大まかな流れであるが、本当に全員地上から離れたのだろうか?

 

多くの生物は本能には逆らえない

 

 

 

 

 

 

おしまい_(:3 」∠)_

【WoT】STB-1が苦行過ぎる

非常に難しい戦車です

T-62Adato4000ダメ余裕だけど

STB-1だと4000ダメ滅多に出ないです

なんでだろうね

照準絞り遅いのがダメなんだろうか